レイク増額

アルバイトのカードローンの借入限度額の決まり方

カードローンを利用している方の中にアルバイトやパート勤務の方が多いですが、これから申込を検討している方もいると思います。
カードローンの申込がまだの方にとっては、「借入限度額は、いくらまで認められるのか?」という不安があるのではないでしょうか。
希望する金額が借りれるかどうか、高額融資がアルバイトでもできるかどうかは、申込むカードローンによっても異なります。
希望どおりの借入限度額が認められるためには、カードローンの選び方が重要になります。
カードローンの選び方の基本について確認し、アルバイトでも希望どおりの借入限度額を設定してもらうようにしましょう。

 

消費者金融の借り入れ限度額の決まり方について

 

アルバイトの方がカードローンの利用で注意しなければならないのは、消費者金融に申込むときです。
消費者金融のカードローンでは、貸金業法という法律の制約の中で借入限度額が決められています。
総量規制という新たなルールが2010年より始まっていて、融資の上限額が年収の3分の1までに制限されています。
つまり、毎月5万円のアルバイト収入がある方が消費者金融のカードローンに申込む場合、借入限度額の上限は20万円までとなります。
自分の年収の3分の1を上回るお金が必要なときは、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

 

銀行カードローンの借り入れ限度額について

 

銀行カードローンの借入限度額は、法律による制限がありませんので、基本的には、銀行ごとの独自の基準で決められてるといえます。
無条件に高額融資ができるわけではありませんが、アルバイトでも100万円程度までの金額なら認められることが多くなります。
さらに、銀行のカードローンは、証明書なしで借りる金額が多くなりますので、収入証明書の用意が難しい時にも選べるのではないでしょうか。

 

年収を証明する証明書なしで借りれる限度額について

 

自分の年収を証明するための書類は、収入証明書類という言い方をします。
収入証明書類は、源泉徴収票や納税証明書などのことですが、書類の用意に時間がかかることがあります。
証明しなしで借りたいと考える方が多いですが、消費者金融では、50万円超の希望額で用意することになります。
収入証明書なしで高額融資を受けたいなら、証明書不要で借りれる限度額が多い楽天銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなどを選んでみてはいかがでしょうか。

top

attentionレイクで増額したい方はチェック!

レイクでの増額をご検討の方は絶対にチェックしてください!増額しようとして失敗してしまわないように、正しい知識をつけて、借入に困らないようにしましょう!

今日中に借入!arrowレイクの増額でお急ぎの場合はここ!